関脇・逸ノ城関は何とも不思議な力士です。

大相撲秋場所が開催されていますが、いよいよ終盤戦を迎え優勝争いの行方が気になるところです。でも、それぞれの力士の勝ち越し・負け越しや次の番付の予想も気になるところで途中から星勘定をしてしまっている自分がいます。
その中で、毎回すごく話題に上がるわけでもなく優勝争いに絡んでくるわけでもないけれど気がつけば勝ち越しを決めている力士がいます。それは、モンゴル出身の逸ノ城関です。今回は西の関脇という地位で4勝7敗と負け越しまであとがありません。でも、11日目は横綱・稀勢の里関に勝つという大きな勝ち星を上げました。ここ最近の成績を見てみると三役には定着しているものの良くて9勝6敗、あとは8勝7敗という成績が続いています。スピード出世でかなり注目を浴び、一気に三役へ昇進たものの一時期怪我で前頭13枚目まで番付を下げました。それでも、少しずつ番付を上げて関脇の地位を守っています。今回もここから連勝し、最終的には勝ち越しを決めるのではないかと期待しています。ベルタ酵素 どこに売ってる