印刷とフロッピーディスクなどについて学んだ

印刷などについて勉強しました。印刷は紙を大量に使うことがあるので、印刷する前にプレビュー機能を使って仕上がりを確認するといいです。また、データの保存では読み込んだデータに上書きする方法と、新たに名前をつけて保存する方法を選択できるようになっています。データを保存するときにつける名前は、あとで利用することを考慮して保存されているデータの内容がよくわかるような名前をつけるといいです。プレビュー機能を活用すると、印刷する前に仕上がりを確認できるので、紙やプリンタ用インクの使用量を節約できる利点があります。コンピュータに接続されている補助記憶装置はドライブとよばれ、ドライブ文字で管理されます。また、フロッピーディスクやハードディスクなどの記憶媒体は、使用する前に一度だけフォーマット(初期化)という作業を行い、OSに応じた記録の管理ができるようにしなければなりません。知らないこともあってので勉強になりました。